「山ア 弘郎のホームページへようこそ」

 「考えたこと 感じたこと」


目次のページ

次のページは第60回から第100回までの寄稿文をまとめた第1部と
第101回から最近の寄稿文を再録した第2部とから構成されています。

次のページへ

 日経産業新聞 先端技術欄のコラム「Techno Online」に寄稿し、掲載された文章の目次です。
左端の回数は、書き始めてからの通算回数、それからコラムのヘッドライン、掲載日です。
 第60回から最近までの約100編をまとめました。2011年の震災の後、半年間休載しました。

第1部
第60回から第100回までの寄稿文の表題と掲載日

掲載回数   表題     掲載日
第60回  携帯が学生証:講義中OFFを忘れず 2006.2.7  掲載
第61回 学生の物理離れ: 敷居を下げる工夫を 2006.3.3  掲載
第62回 四半世紀かけた革新製法:企業トップの見識にも称賛   2006.4.11  掲載
第63回 マイクロリアクター:卓上の化学プラントに      2006.5.19  掲載
第64回 シニア技術者による新技術開発: 支援する枠組みを 2006.6.27 掲載
第65回 スイス機械式腕時計の復活: 時計のイメージの変化   2006.7.14 掲載
第66回 日の目を見た国民車構想:技術の流れを創る 2006.9.8  掲載
第67回 劣化の制御 :  2006.10.13 掲載
第68回 研究所の老化を防ぐ:   2006.11.2 掲載
第69回 脳の研究で人間性への理解が不可欠:            2007.1.5  掲載
"第70回 滑走路誤認事故:潜在的要因分析し再発防止を   2007.1.30 掲載
"第71回 新発見は偶然から:柔軟に実験続けて結実    2007.3.13 掲載
第72回 大学の研究成果の移転: オープン化により利用促進を     2007.4.26 掲載
第73回  復活するか飛行船: 70年の空白がカギ   2007.6.15 掲載
第74回 先端技術と倫理:知識より技術者の姿勢が重要   2007.7.27 掲載
第75回 電池充電時間の短縮: 火災などのリスクに配慮を 2007.10.23 掲載
第76回 戦争と先端技術:日本,悲劇を伝える義務 2007.11.16 掲載
第77回 電気・電子工学離れ:身近な例から入門を 2007.12.14 掲載
第78回 食のトレーサビリティ;信頼が基準の行動を 2007.12.28 掲載
第79回 センサによる製品変革: 機械が人間に合わせる社会   2008.2.5   掲載
第80回 バイオスフィア:ミニ地球が示唆する地球生態系のバランス 2008.3.14  掲載
第81回 理科離れ深刻:専門細分化、全体像の喪失   2008.5.23  掲載
第82回 奥が深い触覚センサ:感覚の表現が困難で未開拓   2008.6.10  掲載
第83回 アナログ回路は先端技術   2008.7.18 掲載
第84回 産学連携の新発想 2008.9.5  掲載
第85回 生物の能力や構造に学ぶ:バイオミメテイック手法 2008.10.3 掲載
第86回 年寄りに優しい先端技術           2008.11.28 掲載
第87回 情報化社会におけるプライバシーとセキュリティ 2008.12.26 掲載
第88回 空気が読める機械 : 2009.2.13 掲載
第89回 安定な新エネルギー地熱を見直そう   2009.4.3  掲載
第90回 自動車産業形態の変化:電子化が水平分業を加速 2009.5.8  掲載
第91回 電動アシスト自転車の高性能化:乗り手に気配りが必要 2009.6.15 掲載
第92回 博士課程修了者;産業界のリーダーに育てよ 2009.7.24  掲載
第93回 保全分野の革新;先端技術を使い価値創出   2009.9.4   掲載
第94回 技術進歩、速度に差:遅い分野見極め先行開発を   2009.10.2 掲載
第95回 ダム建設の是非:仮想水輸入国の現実考慮を  2009.10.23 掲載
第96回 予算の削減廃止:問われる政治家の見識 2009.12.9  掲載
第97回 cop15 終了: 環境コスト 危機を好機に  2010.1.12  掲載
第98回 [Prius」のリコール問題 ソフトの複雑化が品質問題 2010.2.9  掲載
第99回 電子制御スロットルの急加速:普及段階で落とし穴か 2010.3.5  掲載
第100回 タッチパネル:人に合わせる機械へ一歩 2010.4.20  掲載

トップページへ



第2部
第101回から第200回までの寄稿文の表題と掲載日

掲載回数   表題   掲載日
第101回 もんじゅの再出発:透明性の確保を 2010.5.21  掲載
第102回 触覚の定量化:触覚センサ開発へ1歩 2010.6.25  掲載
第103回 文化遺産:復元したモデルも本物か 2010.7.23  掲載
104回 温暖化対策にお国柄:日本流に他国も  2010.9.21  掲載
第105回 自動化システムと人:洞察力とセンサがカギ 2010.11.16 掲載
第106回 賞の価値:人材育成など戦略が左右 2010.12.21 掲載
第107回 持続可能なモノづくり:英の横断型手法に期待 2011.2.22 掲載
第108回 震災の経験活かせ:省エネ新技術の成長を期待 2011.10.18 掲載
109回 リスク洞察する英知 : 一見無駄でも効用認識 2011.11.15 掲載
第110回 においでガン診断 : 体に負担なく理想的 2011.12.20 掲載
第111回 キログラム原器見直し : 計測技術の精密化背景に 2012.1.20 掲載
第112回 うるう秒の賛否   :  たかが1秒 されど1秒
2012.2.10 掲載
第113回 賢いテレビとCM  :  視聴者の反応収集可能 2012.4.3 掲載
第114回 測定の信頼性   :  誤差から不確かさへ 2012.4.17 掲載
第115回  柔らかい光学系 :  天文学などに新しい価値を生む 2012.5.25 掲載
第116回  スマート社会     :    センサに知恵内蔵 2012.6.19 掲載
第117回  制御システム : 忘れてはならないサイバーテロ対 2012.7.24 掲載
第118回  スマートかインテリジェントか : 同じ意味合いにも差 2012.8.27 掲載
第119回  周辺海域の資源活用:深海底の計測やロボット技術の開発 2012.10.12 掲載
第120回   植物工場  :農工商融合が新たな価値を       2012.11.6  掲載
第121回  世界最古のコンピュータ: ワンチップ化:質と量の変化知る  2012.12.14 掲載
第122回  トンネル崩落事故 :  センサ活用して劣化補修を 2013.1.25 掲載
第123回   好き嫌いを隠す人知 : 犬嫌いが分かる犬 
2013.3.1  掲載
第124回  手術ロボで医師代替  : 結果責任は人間に 2013.4.5  掲載
第125回   老朽下水管 :  日本発 再生技術に期待 2013.5.14 掲載
第126回   MITのチャペル :  瞑想、広い視野を期待  2013.6.7  掲載
第127回   マイナンバー制度 : 姓名入力時の誤り懸念 2013.6.25 掲載
第128回   ゼロを目指す工学 : 環境負担無くす基軸に 2013.8.20 掲載
第129回   技術立国の戦略  : ビジネスでも勝つ 2013.9.13 掲載
第130回   標準物質、10年で250種整備 : 放射能分析用にニーズ 2013.10.18 掲載
第131回   センサ技術の進歩 :  人と機械の役割変わる 2013.11.1 掲載
第132回   交通システムの自動化 :  移動自由度と安全性がカギ 2013.11.22 掲載
第133回   機械の技術継承  :  枠組みを作るのは人間 2013.12.20 掲載
第134回   巨大な交通システム : 災害時の運用に課題  2014.1.17 掲載
第135回   日本企業が持つ特許 : 将来見据え積極活用を  2014.2.14 掲
第136回   嗅覚・味覚 : 奥深い存在、多様な研究を 2014.3.25 掲載
第137回   STAP細胞の信頼構築  :  再現が唯一の手段  2014.4.18 掲載
第138回   教科書の魅力  :  構築された体系に出る個性  2014.6.13 掲載
第139回   英国のものづくり : 復権目指して戦略・政策再構築 2014.7.4  掲載
第140回   プラント制御の無線化 : 連携運転で高効率な保守 2014.8.27 掲載
第141回   電子産業凋落の教訓 : 開発体制、変化受け入れを 2014.11.7 掲載
第142回   排出されたCO2の行方 : 海水温上昇なら吸収減  2014.12.5 掲載
第143回   洞察に必要なこと  :   対象の仕組みの理解を  2015.2.3    掲載
第144回   イベント駆動の社会 : 重視される個人の意思  2015.2.24 掲載
第145回   無秩序の中の秩序  :  新しい科学・技術に道を開く    2015.4.3  掲載
第146回   問題先送り体質     :  受験勉強が原因?  2015.5.8  掲載
第147回    望遠鏡の設置 : 日米の選択 : 対照的な戦略  2015.5.29  掲載
第148回    新領域の開拓研究 :    結果を信じて一途に  2015.7.3  掲
第149回    闇があるから光は映える : 照明技術のパラダイム 2015.8.26  掲載
第150回   半導体産業の活路 : 技術・ビジネス・政策で開く 2015.10.23 掲
第151回   未来は楽観できるか: 技術による課題技術 技術で克服  2015.11.20 掲
第152回    情報を後世に残すには: 保存・再生しやすい技術を  2015.12.11 掲載
第153回    アナログレコードの音質 : ノイズ、場の雰囲気を伝える  2016.1.19 掲載
第154回   ロボットが変えた戦争 : 操る兵士だけが安全に  2016.2.19 掲
第155回   キログラムの再定義 : 計量標準:モノからコトへ  2016.3.11 掲載
第156回   研究の最重要成果  : 開発に出口あること実証   2016.5.31 掲載
第157回   温度の再定義   : 物質によらない普遍性獲得 2016.6.21 掲載
第158回   アンペアの再定義   : 電子の素電荷の流れで   2016.7.22 掲載
第159回   計測標準の二面性  : 普遍性と多様性が両立   2016.8.2  掲載
第160回   自動運転    : 人間と機械 : 信頼どこまで?  2016.9.13 掲載
第161回   自動化システムにおける人の役割:人のスキルをいかに維持 2016.10.4 掲載
第162回   安全優先設計  : 異常事態の予見 人知試す  2016.11.4 掲載
第163回   技術の進捗速度   :  国は速い分野の推進を   2016.11.11 掲載
第164回   国家プロジェクト   : 「失敗」を再評価、教訓学ぶ  2017.1.24 掲載
第165回   AIの活用       : 人を機械の下請けにするな 2017.2.7 掲載
第166回   トランプ政権の環境対策 : 米はCO削減努力を 2017.4.4 掲載
第167回   世界を覆うシステム   : 人間の理解力は拡張不能 2017.5.12 掲
第168回   IoTが変える社会   : センサでニーズに対応  2017.5.26 掲
第169回   IoTのセキュリティ  :  機能分散型システムに 2017.6.23 掲載
第170回   低下する日本の研究力: 任期制度の弊害明らか  2017.7.14 掲
第171回   人とロボットの協調作業 : 国際ルールで安全確保  2017.9.1 掲載
第172回   人の五感のセンサ  : モデル化が開発のカギ  2017.9.2 掲載
第173回   人の五感のセンサ(2): 触覚のモデル化まだ困難    2017.10.6 掲載
第174回   人が築いたスポーツ文化 : ビデオ判定に無い魅力も  2017.11.10 掲
第175回   計測の誤差から不確かさへ :手続き記録 評価透明性も 2017.12.22 掲載
第176回   品質保証部門の権限 :   顧客の立場で検査を  2018.1.12 掲載
第177回   IoT社会のものづくり : 減算的生産から加算的へ  2018.2.9  掲載
第178回   IoT時代の電子機器 : 不可視化と多機能化加速  2018.3.23 掲載
第179回   人の眠り阻む自動化 : 監視不要への道 まだ遠く 2018.4.6  掲載
第180回   新幹線の新型車両  : 見えない床下大きな進歩  2018.5.25 掲載
181回   研究者に必要な能力 : 論理性では破れぬ壁も   2018.6.22 掲載
第182回   センサ技術の体系化 : 千差万別の知識の整理  2018.7.27 掲載
第183回   全固体電池のインパクト: スマホやEVの進化に弾み  2018.8.24 掲載
第184回   「超臨界水」使う発電に期待:地熱資源に恵まれた日本  2018.9.7  掲載
第185回   就活ルール見直し、奨学金提案:企業と学生、相互理解深める 2018.10.5  掲載
第186回   人と機械の協調作業 : 相互補完、知的分野に拡大     2018.11.16 掲載
第187回   四つの単位量の再定義: 終わりを告げる原器依存  2019.1.11   掲載
第188回    特許、長く生かす仕組みに : 技術開発、利益には時間 2019.2.8   掲載
第189回    航空機で進む電動化 :  成層圏の汚染抑制に期待 2019.3.15  掲載
第190回    100年を迎える理科年表 2019.4.11 掲載
第191回     因果より相関か                2019.5.30  掲載
第192回     オーディオ産業の衰退  2019.7.4 掲載
第193回     「自動」の裏に隠れた限界 2019.7.30  掲載
第194回     研究論文数減少の原因は 2019.8.29  掲載
第195回     産業界 シニアの知識や経験の活用を 2019.9.24  掲載
第196回     鉄道事故の多重化を防ぐ 2019.10.31  掲載
第197回     万博の目玉は未来技術にあらず 2019.12.5  掲載
第198回     未来を読むセンシング技術              2020.1.9   掲載
第199回     水田除草のアイガモロボット あと一歩  2020.2.6   掲載
第200回     TLO: デファクト標準を目指す開発へ  2020.2.27  掲載
第201回      原発 住民の信頼獲得が要 2010.3.24  掲載
第202回      テレビ会議のさらなる活用を             2020.5.11  掲載
第203回      日本の新型コロナ被害が少ない理由      2020.6.22  掲載
第204回       遅すぎる決断は致命的 2020.8.18  掲載
第205回       ブランドイメージ向上に必要なもの 2020.9.29   掲載

トップページへ