履歴と著作のページ

                                                              
         山ア 弘郎(ヤマサキ ヒロ オ)       東京生まれ     

略歴

 昭和31年東京大学工学部応用物理学科卒業(株)横河電機入社.研究開発部門にて工業計測用センサなどの研究開発に従事.4649 東大工学部非常勤講師兼任.カルマン渦流量計の研究で47年 工学博士(東京大学).昭和49年横河電機退社. 

 昭和501 東京大学教授就任.計測制御機器工学,センサ工学,信号処理などの研究と教育に従事. 昭和6063 東大附属図書館長,国立大学図書館協議会会長 併任. 平成53 東大定年退官,平成55 名誉教授

平成5年〜7 横河電機(株)常務取締役,平成7年〜12年(株)横河総合研究所代表取締役会長,平成12年〜15(株)横河総合研究所 研究理事.

平成20年〜 金澤工業大学大学院客員教授

歴任 

  日本学術会議 計測標準研究連絡委員会委員,日本学術会議 計測工学研究連絡委員会委員長,通産省 計量行政審議会委員,同計量標準分科会委員長

理化学研究所 フロンティア研究システム アドバイザー
産業技術総合研究所 計測標準研究部門 外部評価委員長

 経済産業省 計量制度検討小委員会 委員、日本工学アカデミー理事 

現在

  インドネシア国立バンドン工科大学 テクニカルアドバイザー
   
(独)製品評価技術基盤機構 計測標準研究所評定委員会委員長

  (財)大河内記念会 常務理事、
   金沢工業大学大学院客員教授

学会 計測自動制御学会,電気学会, 日本VR学会,ISAIEEE会員.

平成元年度 計測自動制御学会 会長,平成10年 名誉会員.平成6 IEEE FELLOW**. 

専攻分野   計測工学、センサ工学。知能化センシングシステム

主な受賞状況  昭和40,56*年度 大河内記念技術賞.平成5年度 島津賞** 平成8年度 科学技術庁長官賞*,平成9年度 紫綬褒章*, 平成12年 電気学会 業績賞**
平成23年度 計測自動制御学会 功績賞

 昭和43年、48*60年、平成2**5年、20年、21年 計測自動制御学会 論文賞。平成30年:* 計測自動制御学会 著述賞

受賞の対象 * 渦流量計の開発    ** 知能化センシング・システムの研究


主な著書
 センサ先端技術
(海文堂 1986), センシングの基礎(岩波書店 現代工学シリーズ2005),センサ工学の基礎第3版(オーム社2019),電気電子計測の基礎(電気学会 改訂2020, 計測技術の基礎(コロナ社 改訂2020),カーエレクトロニクス・センサ技術(トリケプス2006),  Intelligent Sensors(Elsevier Science1996)トコトンやさしいセンサの本第2版 (日刊工業新聞社 2014)  トコトンやさしいIoTの本 (日刊工業新聞社 2018)

 計測工学ハンドブック(朝倉書店,編集委員長 2002),異状の検出と予知 センサと設備診断技術(工業調査会,編著1988),インテリジェント農業(工業調査会,共編著1996),センサフュージョン:実世界の能動的理解と知的再構成(コロナ社,共編著1992)

 
渦流量計の創造 : 流れを数値化する渦の秩序 (日本工業出版、共著 2015)

トップページへもどる