三鷹市仙川公園で見かけたサギ 水中のエサを探していました。

トップページ

               Welcome to My Homepage

                              山ア 弘郎
                            Hiro Yamasaki



  
TADA-Counter

*  NIKKEI Business Daily (日経産業新聞) 先端技術欄のコラム「テクノサロン」への新しい寄稿文
[第199回]「水田除草のアイガモロボット あと一歩」を追加しました。 

* Techno Online は2017年11月から Techno Salon にコラムの名称が変更されました。
 掲載日は火曜日と木曜日です。
* 寄稿文目次のページを整理編集し目的の箇所を見つけやすくするように改めました。


*  読みやすくするため、字体を大きくしました。

更新 2020.2.10
 

計測自動制御学会創立50周年 趣味のページ
ペットのページへ                               経歴と著作
趣味のぺージへ

寄稿文のページへ    


 大学と企業でセンサやセンシング技術の研究開発にたずさわりました。私は研究者で、技術者です。

 センサ技術が種々雑多な技術の集まりの様に思われているので、その全体像を示して体系化し教科書などを書き、大学の教育に使用しました。また、センサ技術に対する認識を改めるようにと微力を尽くしてきました。特に、センサの知能化について新しい領域を拓くことができたと思っています。

 センサは重要な役目を果たしながらも目立たない存在でした。その重要性が広く認識されて、新しい価値を創り出すキーコンポーネントとして注目されるようになりました。
とくに微細加工技術であるMEMS技術で製作された超小型加速度センサと、その情報を活用した機械の知能(センシング・インテリジェンス)が体の動きや行動を通して人の意図が読み取れるようになって、人と機械とのインターフェィスにおける情報の交流を一変しました。自動化機械がセンサで読み取った人の意図に沿った動きが出来るようになりました。スマートフォンなどのタッチパネルによる直感的操作もその例です。センサは目立たない存在から技術の進歩を牽引する重要な社会的な役割を果たしつつあります。

 センサに内蔵されたセンシング・インテリジェンスがセンサの情報の意味を理解して、人が機械に合わせるのではなく、機械が人に合わせる様な人に優しい機器が増えました。我々はこのような自動化機械の働きを機械の使い心地の良さと感じ、新しい価値と認識しました。その結果、センサの働きが人の感性に直接訴える価値を創出する大きな製品変革と超微細加工を活用したMEMS技術によるセンサの生産技術改革とが一緒になってセンサ・イノベーションと呼ばれるイノベーションを実現しました。そのような働きをする知能であるセンシング・インテリジェンスが、センサの役割を拡大、高度化しました。
 また、センサ・イノベーションが電子情報通信技術やネットワーク技術などと結びつきを強め、IoT社会の実現に一役かっています。


 産業として日本のセンサの市場の大きさは2006年に1兆円、生産高70億個を超えました。電子情報技術産業協会(JEITA)の調査によれば、現在1兆8000億円ぐらいの市場に発展して、2020年にはさらなる急成長が予想されます。センサの生産は、日本をはじめとするアジア、アメリカ、欧州がそれぞれの世界の約3分の1づつを分け合っています。

 センサ・イノベーションについて、応用物理学会誌の2011年のセンサ特集「社会を変革するセンサ技術」応用物理学会誌巻頭言 に書かせて頂きました。また、センサの役割のこれからの変化について日本計量機器工業連合会の会誌「はかる」に解説文を寄稿しました。 それらの主張をご覧くだされば幸いです。次世代センサの役割の変革 また、センサ技術の入門書を刊行しました。トコトンやさしいセンサの本 第2版(日刊工業新聞社2018年)はその1例です。


 今社会が「IoT」に向かって進みつつあると言われます。IoTとは、「インターネット・オブ・シングス」の略で、すべてのものがインターネットにつながるとされる社会です。センサ技術やセンシング・インテリジェンスは、インターネットのエッジ・デバイスとしてコンピュータネットワークや制御システムに接続されます。IoT社会では、ほとんどすべての事象が、あらかじめ決まったスケジュールで駆動されるのではなく、センサが発する情報や個人の意思によりPCなどのクリックで起動されるイベント駆動の世界です。
-
 スケジュール駆動の社会では決まったスケジュールで教育が実施され、個人の意思や希望を入れる余地がありませんでした。新聞や放送も正にスケジュール駆動で、情報伝達は一方向ですが、インターネットは個人の意思に発するイベント駆動で、しかも情報の伝達は双方向が可能です。
 インターネットは無限に広い情報空間で、地球上に広くかつ、ワンクリックでつながる世界です。
 
 昨年執筆した入門書「トコトンやさしいIoTの本」が2018年8月日刊工業新聞社から刊行されました。IoT社会の全体像を探りたいとの思いで書いたものです。季節と言うスケジュールと天候に支配される農業では、従業者の減少と高齢化、需要とのミスマッチによる価格の暴落などで生産者が苦しめられています。
 また、誰にでも開かれたネットにスマートフォンやパソコンなどを接続し、スケジュールに無関係に最新の情報にアクセスできる身近な端末の利用者が増えたため、テレビ離れが目立ちます。
 車を所有せず、必要に応じて車を使用するカーシェアリングが急増しました。
 店舗からネットショッピングへの移行、宅急便の増加など、人の意思や状況の変化で起動されるイベント駆動社会に向かって、社会のパラダイムが大きく変わる時期に差し掛かっている予兆が見られます。
 
 イベント駆動を重視する社会は合理的で、多様な個性を許容し、個人の発議が可能なオープンで明るい社会です。そこでは、センサであるスマホにより駆動される場合が増え、センサ駆動社会ともいうことができます。そのためセンサの役割は現在よりさらに重要になるでしょう。また、センサが人と社会、あるいは、人と機械の間の情報交流を支配するインターフェースとしても作用します。 

 すべてのものがネットにつながっているので、ネットを通した新しいサービスが開始され、ビジネスの世界が大きく変わりつつあります。インターネットが、無限に大きなサイズを持つ出会いの空間となり、シーズを持っ人とニーズを持つ人とを結びつける新しい機会を提供します。
 さらに、ネットを通して機器や車のコンピュータのソフトが書き替えられ、機能が修復されるだけでなく、改善や拡張も実行されるサービスが、メーカと利用者との関係を大きく変えることになるでしょう。
 従来の常識にとらわれない新しいアイデアに基づくサービスやビジネスが現れ、社会が変わると思います。半面、情報の正否やセキュリティに十分注意しなければ、サイバーテロの攻撃で社会や個人が大きな損害を被る危険も増えます。カーシェアをしている人の顔、ネットの管理をしている人たちの顔が見えない不気味さが残っています。
 
 我が国の将来を考えると、世界をリードする技術開発力を発揮し、時代の変化を先取りして技術力で強化しつつ、ものづくりとことづくりで将来を切り開いていくのが、とるべき正しい選択と思われます。
 
近年、技術開発について考えたこと、感じたことを短い文章にまとめ、月1回くらいのペースで日経産業新聞の先端技術欄のコラム [Techno Salon]* などに寄稿しています。
*Techno Online は2017年11月から Techno Salon にコラムの名前が変わりました。」 
 
 このホームページには、最近10年ほどの間に掲載された約150編ほどの拙文を、未熟なものですが集めました。
 私の趣味やペットの紹介も致しましたので、併せてご覧頂ければうれしく思います。

ご感想、ご意見を下記へおよせ下されば幸いです。  
e mail: yamasaki-hiro@nifty.com

なお、尾上守夫氏のご厚意により第1回からのコラム寄稿文を下記 URL に収録して頂いておりますので、そちらで読んで頂くこともできます。 そちらへ。

    URL: http://messena.la.coocan.jp/ACADEMIA/RONDAN/yamasaki/index.html

最近の寄稿文のページへ第2部
    考えたこと感じたこと(Techno Salonに寄稿した文の目次)    (最近の寄稿文の目次)